イベント情報

2017年度シェイクスピア祭報告

トーク「蜷川シェイクスピアを振り返る」
講師:  松岡和子氏(翻訳家・演劇評論家・東京医科歯科大学名誉教授)
聞き手: 野田学氏(明治大学教授)

講演「シェイクスピアの面白さ」とは何か
講師:高田康成氏(東京大学名誉教授、名古屋外国語大学現代国際学部教授)
…Read More

2017年度総会とシェイクスピア祭を開きました

2017年度の総会とシェイクスピア祭が開催されました。多数のご来場ありがとうございました。
…Read More

2016年度総会とシェイクスピア祭を開きました

2016年度の総会とシェイクスピア祭が開催されました。多数のご来場ありがとうございました。
…Read More

2015年度総会とシェイクスピア祭を開きました

2015年度の総会とシェイクスピア祭が開催されました。多数のご来場ありがとうございました。
…Read More

2014年度 総会とシェイクスピア祭を開きました

2014年度の総会とシェイクスピア祭が開催されました。多数のご来場ありがとうございました。
…Read More

2013年度シェイクスピア祭報告

対談と朗読「蜷川シェイクスピアの稽古場」
松岡和子氏(演劇評論家・翻訳家)×川口覚氏(俳優)

講演「シェイクスピア劇で少年が演じる女の‘ambition’」
講師:楠明子氏(ロンドン大学(King’s College)客員教授・東京女子大学名誉教授)
…Read More

2013年度総会とシェイクスピア祭を開きました

2013年度の総会は下記の通り通り開かれました。
…Read More

2012年度シェイクスピア祭報告

朗読劇『夏の夜の夢』
講演「精神史の中のグローブ座・シェイクスピア・『夏の夜の夢』」:準備中

2012年度総会とシェイクスピア祭を開きました

2012年度の総会が下記の通り開かれました。
…Read More

シンポジウム「シェイクスピアと哲学」が開催されました

東京大学大学院超域文化科学専攻表象文化論+University of Tokyo Center for Philosophy主催、日本シェイクスピア協会共催で、シンポジウム「シェイクスピアと哲学」が開催されました。
…Read More

第6回シェイクスピア・ワークショップ

日時:2011年10月23日(日) 13:00~16:00
場所:聖心女子大学 3号館 333教室
…Read More

2011年度シェイクスピア祭と総会を開きました

2011年度シェイクスピア祭を、日本英文学会共催で、下記の通り催しました。たいへん多くの皆様にご参加いただきありがとうございました。 …Read More

Andrew Gurr教授セミナーのお知らせ

日本シェイクスピア協会は創立50周年記念事業の一環として、2011年10月にレディング大学名誉教授Andrew Gurr先生を招聘し、シェイクスピア学会での特別講演およびセミナー等を開催することとなりました。
セミナーに関しましては、下記の要領でセミナーメンバーを募集します。ふるってご応募ください。
…Read More

第5回シェイクスピア・ワークショップ

日時:2010年10月17日(日) 13:30~16:30
場所:福岡女学院大学 3号館 313教室
…Read More

2010年度シェイクスピア祭と総会

日時: 2010年4月24日(土)13:00~16:30
場所: 聖心女子大学 宮代ホール(3号館1階) 東京都渋谷区広尾4-3-1
シェイクスピア祭:日本英文学会共催
…Read More

    シェイクスピア基金へのご寄付のお願い


    日本シェイクスピア協会では、事業の一層の充実のために、シェイクスピア基金へのご寄附を受け付けております。ご賛同いただける場合にはご協力を賜りますようお願い申しあげます。

    >>> 詳しくはこちら

    記念出版のお知らせ


    『甦るシェイクスピア』


    没後400周年を記念した本論集では、日本シェイクスピア協会に所属する俊英13名が、シェイクスピアの劇作品に真っ向から取り組んで、作品解釈のさらなる可能性を追求する。協会設立55周年記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!

    『シェイクスピアと演劇文化』


    日本シェイクスピア協会の錚々たる研究者12名が刺激的な論を展開。多彩なアプローチで鋭く切り込み、シェイクスピアとイギリス・ルネサンス演劇の多面性に迫る。死後400年近く経ちながら、いまだに色褪せない魅力をもつシェイクスピアと彼を取り巻く世界を鮮やかに分析。1961年に発足し、常に日本のシェイクスピア研究を牽引してきた協会の創立50周年記念にふさわしい、切れ味鋭い記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!