第50回シェイクスピア学会を開きました

第50回シェイクスピア学会

日時:2011年10月22日(土)/23日(日)
会場:聖心女子大学(東京都渋谷区広尾)

―10月22日(土)―

研究発表 14:00~17:00

第1室(332教室)

司会: 吉原 ゆかり (筑波大学准教授)
1. 木村 明日香 (東京大学大学院博士課程)
John Webster, The Devil’s Law-Case 再考
2. 梶 理和子 (山形県立保健医療大学准教授)
賭ける/賭けられる女性と Morality ―― Sexuality から Fairness へ――
司会: 小澤 博 (関西学院大学教授)
3. 岩永 弘人 (東京農業大学教授)
Sweet Myra never varies ―― フルク・グレヴィル『シーリカ』のペトラルキズム
4. 篠崎 実 (千葉大学教授)
マクベスはいかにして王位簒奪者となるのか?

第2室(333教室)

司会: 石橋 敬太郎 (岩手県立大学盛岡短期大学部教授)
1. 田村 真弓 (上智大学非常勤講師)
エリザベス・スチュアートと「パラタイン戦争劇」――受難のエリザベス女王の再来
2. 石塚 倫子 (東京家政大学教授)
家父長制と女性の医療 ――オフィーリアのヘンルーダ、ヘレナの特効薬から
司会: 太田 一昭 (九州大学教授)
3. 川田 潤 (福島大学准教授)
シェイクスピアに恋して ――Margaret Cavendish と Originality の問題――
4. 英 知明 (慶應義塾大学教授)
サイモン・ジュエルの遺書

第3室(342教室)

司会: 小町谷 尚子 (慶應義塾大学准教授)
1. 大塚 星太郎 (専修大学大学院博士後期課程)
順序が肝心――『尺には尺を』におけるベッド・トリック再考
2. 実村 文 (明治大学准教授)
『ヴェニスの商人』に『資本論』は似合うか ――文学研究のターミノロジーを問いなおす
司会: 大和 高行 (鹿児島大学准教授)
3. 高根 広大 (学習院大学大学院博士後期課程)
『ペリクリーズ』における “virtue” の意味と効果
4. 森 祐希子 (東京農工大学教授)
Lear の娘たち/息子たち:King Lear の映画アダプテーションにおける性別の変更

第4室(343教室)

司会: 阪本 久美子 (日本大学准教授)
1. 芦津 かおり (神戸大学准教授)
二つの『葉武列土倭錦絵』をめぐって――〈東西文化融合〉の背後にあるもの
2. Daniel Gallimore (関西学院大学教授)
SHOYO AND HIS CONTEMPORARIES
司会: 大矢 玲子 (慶應義塾大学教授)
3. Christa Jansohn (Professor, University of Bamberg)
Eta Harich-Schneider (1894-1986): German harpsichordist, musician and translator of
Shakespeare’s sonnets in Tokyo during World War II

―10月23日(日)―

特別講演 10:00~11:30

宮代ホール

Professor Andrew Gurr (レディング大学名誉教授)

セミナー 13:00~16:00

セミナー1(332教室)

祝祭・儀式・婚姻の表象
コーディネイター: 清水 徹郎 (お茶の水女子大学准教授)
メンバー: 山田 雄三 (大阪大学准教授)
横田 保恵 (共立女子大学兼任講師)
本多 まりえ (早稲田大学非常勤講師)

セミナー2(342教室)

シェイクスピアを教える
コーディネイター: 近藤 弘幸 (東京学芸大学准教授)
メンバー: 高森 暁子 (筑紫女学園大学准教授)
米谷 郁子 (埼玉工業大学准教授)
元氏 久美子 (日本大学非常勤講師)

    シェイクスピア基金へのご寄付のお願い


    日本シェイクスピア協会では、事業の一層の充実のために、シェイクスピア基金へのご寄附を受け付けております。ご賛同いただける場合にはご協力を賜りますようお願い申しあげます。

    >>> 詳しくはこちら

    記念出版のお知らせ


    『甦るシェイクスピア』


    没後400周年を記念した本論集では、日本シェイクスピア協会に所属する俊英13名が、シェイクスピアの劇作品に真っ向から取り組んで、作品解釈のさらなる可能性を追求する。協会設立55周年記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!

    『シェイクスピアと演劇文化』


    日本シェイクスピア協会の錚々たる研究者12名が刺激的な論を展開。多彩なアプローチで鋭く切り込み、シェイクスピアとイギリス・ルネサンス演劇の多面性に迫る。死後400年近く経ちながら、いまだに色褪せない魅力をもつシェイクスピアと彼を取り巻く世界を鮮やかに分析。1961年に発足し、常に日本のシェイクスピア研究を牽引してきた協会の創立50周年記念にふさわしい、切れ味鋭い記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!