第47回シェイクスピア学会

日時:2008年10月11日(土)/12日(日)
会場:岩手県立大学 (滝沢キャンパス)

―10月11日(土)―

開会式 13:00~

講堂

開会の辞 日本シェイクスピア協会会長 楠 明子
挨拶 岩手県立大学学長 谷口 誠
フォーラム

研究発表 14:00~17:00

第1室(共通講義棟107講義室)

司会: 中野 春夫 (学習院大学教授)
1. 大和 高行 (鹿児島大学准教授)
Sauny the Scot(1667)にみる新たな喜劇性について
2. 米谷 郁子 (埼玉工業大学准教授)
スティーヴンズとマローン─18世紀シェイクスピア全集における注釈、誤読、そして「友情」
司会: 金子 雄司 (中央大学教授)
3. 住本 規子 (明星大学教授)
18世紀の版本とフォリオ本への書き込み
4. 英 知明 (慶應義塾大学教授)
Thomas Nashe, The Unfortunate Traveller 第二版(1594)の印刷と出版

第2室(共通講義棟105講義室)

司会: 西出 良郎 (奈良女子大学准教授)
1. 三浦 誉史加 (梅光学院大学専任講師)
『エドワード三世』における恋愛場面と歴史記述
2. 佐野 隆弥 (筑波大学准教授)
Peele’s David and Bethsabe ——1590年代の聖書劇をめぐって
司会: 正岡 和恵 (成蹊大学教授)
3. 中村 未樹 (大阪大学准教授)
ルネサンス演劇における演技と現実性
4. 松岡 浩史 (東京工芸大学 非常勤講師)
メランコリーの悪魔 ——Hamlet における狂気の階層性と社会不安

第3室(共通講義棟207講義室)

司会: 前沢 浩子 (獨協大学准教授)
1. 撫原 華子 (東京女子大学大学院博士後期課程・日本学術振興会特別研究員)
ハッピーエンドのTom Thumb——Eliza Haywood 作 The Opera of Operas における結婚観
2. 前原 澄子 (明石工業高等専門学校教授)
『エドワード1世』:書き加えられた王妃レオノールの筋書き
司会: 境野 直樹 (岩手大学教授)
3. 北村 紗衣 (東京大学大学院博士後期課程・日本学術振興会特別研究員)
贈り物と口づけと死——『アントニーとクレオパトラ』における贈与の問題
4. 勝山 貴之 (同志社大学教授)
地の果てからの来訪者と『ヴェニスの商人』

第4室(共通講義棟205講義室)

司会: 荒木 正純 (白百合女子大学教授)
1. 吉原 ゆかり (筑波大学准教授)
Mangaとシェイクスピアが出会うとき
2. 本橋 哲也 (東京経済大学教授)
“A voucher stronger than ever law could make”—— 『シンベリン』における書記作用とメディア・リテラシー
司会: 三盃 隆一 (金沢大学名誉教授)
3. 髙橋 三和子 (慶應義塾大学大学院博士後期課程)
近代初期イギリス旅行記におけるcabinet of curiosities的視点
4. 平田 満男 (東北大学名誉教授)
金貸と法律家、そしてマルクス

―10月12日(日)―

特別講演 10:00~12:30

講堂

司会: 清水 徹郎 (お茶の水女子大学准教授)
シェイクスピア/異人たちの祭り
講師: 赤坂 憲雄 (東北芸術工科大学大学院長)

セミナー 13:30~16:30

セミナー1(206講義室)

エリザベス朝後期の文学と政治風土
コーディネイター: 佐藤 達郎 (日本女子大学准教授)
メンバー: 吉村 征洋 (立命館大学 嘱託講師(常勤))
団野 恵美子 (姫路獨協大学外国語学部准教授)
小田原 謠子 (中京大学教授)
本多 まりえ (早稲田大学大学院博士課程/日本学術振興会特別研究員)
土井 雅之 (学習院大学非常勤講師)

セミナー2(207講義室)

シェイクスピア上演・上演研究の今
コーディネイター: 小林 かおり (同朋大学准教授)
メンバー: 末松 美知子 (群馬大学教授)
エグリントン みか (日本学術振興会特別研究員)
佐藤 由美 (富士常葉大学准教授)
ダニエル・ガリモア (日本女子大学准教授)
阪本 久美子 (日本大学准教授)

    シェイクスピア基金へのご寄付のお願い


    日本シェイクスピア協会では、事業の一層の充実のために、シェイクスピア基金へのご寄附を受け付けております。ご賛同いただける場合にはご協力を賜りますようお願い申しあげます。

    >>> 詳しくはこちら

    記念出版のお知らせ


    『甦るシェイクスピア』


    没後400周年を記念した本論集では、日本シェイクスピア協会に所属する俊英13名が、シェイクスピアの劇作品に真っ向から取り組んで、作品解釈のさらなる可能性を追求する。協会設立55周年記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!

    『シェイクスピアと演劇文化』


    日本シェイクスピア協会の錚々たる研究者12名が刺激的な論を展開。多彩なアプローチで鋭く切り込み、シェイクスピアとイギリス・ルネサンス演劇の多面性に迫る。死後400年近く経ちながら、いまだに色褪せない魅力をもつシェイクスピアと彼を取り巻く世界を鮮やかに分析。1961年に発足し、常に日本のシェイクスピア研究を牽引してきた協会の創立50周年記念にふさわしい、切れ味鋭い記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!