2014年度 総会とシェイクスピア祭を開きました

2014年度の総会とシェイクスピア祭が開催されました。多数のご来場ありがとうございました。

日時:2014年4月19日(土) 12:00~12:30
場所:学習院大学 文学部棟北2号館10階大会議室[東京都豊島区目白1-5-1](JR 山手線目白駅・徒歩1分)

また本年度のシェイクスピア祭を、日本英文学会共催で下記の通り催します。一般公開(事前予約不要)で無料です。
お知り合いをお誘いの上、多数ご参加ください。

2014ShakespeareFestivalPoster_s

日時:2014年4月19日(土) 13:00~16:30
場所:学習院大学 西5号館B1講義室 (東京都豊島区目白1-5-1 [JR山手線「目白駅」徒歩1分]

13:00~ ご挨拶
13:10~ 対談 「《四畳半》演劇で切り取るシェイクスピア」
安田雅弘氏(演出家・劇団山の手事情社主宰)
聞き手:野田学(明治大学教授)
ゲスト・スピーカー:浜名恵美氏(筑波大学教授)
15:00~ 講演 「シェイクスピアの面白さ――超言語的想像力、
超言語的実践に注目すると――」
講師:浜名恵美氏(筑波大学教授)

出演者プロフィール

安田雅弘(やすだ まさひろ)氏: 早稲田大学の演劇研究会で演劇を始め、1984年に山の手事情社を結成、主宰・構成・演出・出演をつとめている。演劇とは劇場体験にほかならないという信念のもと、構成演劇によって独自の世界を作り上げる氏の実験的手法は「《四畳半》演劇」と呼ばれている。山の手事情社は、シェイクスピアをはじめ、古典を多く取り入れたレパートリーで国際的な評価を受けている。 image002
浜名恵美(はまな えみ)氏: 筑波大学人文社会系教授。異文化コミュニケーション、文化研究、ジェンダー研究の観点から、時代と地域を広くカバーするシェイクスピアとその上演のあり方を考察している。主著に『シェイクスピア・プリズム 英国ルネサンスから現代へ』(2013年、分担著)、『文化と文化をつなぐ シェイクスピアから現代アジア演劇まで』(2012年)、『ジェンダーの驚き― シェイクスピアとジェンダー』(2004年)など。 image004

    シェイクスピア基金へのご寄付のお願い


    日本シェイクスピア協会では、事業の一層の充実のために、シェイクスピア基金へのご寄附を受け付けております。ご賛同いただける場合にはご協力を賜りますようお願い申しあげます。

    >>> 詳しくはこちら

    記念出版のお知らせ


    『甦るシェイクスピア』


    没後400周年を記念した本論集では、日本シェイクスピア協会に所属する俊英13名が、シェイクスピアの劇作品に真っ向から取り組んで、作品解釈のさらなる可能性を追求する。協会設立55周年記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!

    『シェイクスピアと演劇文化』


    日本シェイクスピア協会の錚々たる研究者12名が刺激的な論を展開。多彩なアプローチで鋭く切り込み、シェイクスピアとイギリス・ルネサンス演劇の多面性に迫る。死後400年近く経ちながら、いまだに色褪せない魅力をもつシェイクスピアと彼を取り巻く世界を鮮やかに分析。1961年に発足し、常に日本のシェイクスピア研究を牽引してきた協会の創立50周年記念にふさわしい、切れ味鋭い記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!