第56回シェイクスピア学会が開催されました

第56回シェイクスピア学会が、2017年10月7日(土)、8日(日)の2日間にわたり、近畿大学東大阪キャンパスにおいて開催されました。

日時: 2017年10月7日(土)/ 8日(日)
会場: 近畿大学東大阪キャンパス(大阪府東大阪市)
主催: 日本シェイクスピア協会

― 10月7日(土) ―

開会式 13:00~(法学部C館2階C-201室)

開会の辞 日本シェイクスピア協会会長 井出 新
挨拶 近畿大学文芸学部長 高宮 いずみ
2017年度日本シェイクスピア協会奨励賞授賞式
フォーラム

研究発表 14:00~17:00

第1室 (法学部C館2階C-203室)

司会: 吉原 ゆかり (筑波大学准教授)
1. 大住 有里子 (日本大学非常勤講師)
『ロミオとジュリエット』の納骨堂シーンにおける悲劇的作劇術
2. Mika Eglinton (神戸市外国語大学教授)
Re-orienting Shakespeare in Asia
司会: 冬木 ひろみ (早稲田大学教授)
3. 土井 雅之 (弘前大学講師)
‘where any honest men resort’ ― 『間違いの喜劇』におけるエフェソス像解析
4. 髙田 茂樹 (金沢大学教授)
〈成り上がりのカラス〉は懐古する ― 『冬物語』のだまし絵

第2室(法学部C館2階C-205室)

司会: 西出 良郎 (奈良女子大学教授)
1. 森井 祐介 (関西学院大学非常勤講師)
『マクベス』における時間
2. 渡邉 晶子 (梅光学院大学講師)
『十二夜』における第3のペアリングを語用論の観点から再考する
司会: 米谷 郁子 (清泉女子大学准教授)
3. 木村 明日香 (東京大学助教)
モルフィ公爵夫人と少年俳優
4. 【発表なし】

第3室(法学部C館2階C-206室)

司会: 小町谷 尚子 (慶應義塾大学准教授)
1. 篠原 健吉 (早稲田大学大学院博士後期課程)
『シンベリン』における死と眠りの近似性
2. 鶴田 学 (福岡大学教授)
「我々の宴」再考 ―『あらし』の宮廷上演と宮廷説教
司会: 住本 規子 (明星大学教授)
3. 【発表なし】
4. 太田 一昭 (九州大学名誉教授)
Double Falsehood の「原作者」は同定されたのか

第4室 (法学部C館2階C-207室)

司会: 西川 健誠 (神戸市外国語大学教授)
1. 竹山 友子 (関西学院大学准教授)
性別を与えられた樹木とその背景 ― ラニヤー、カウリー、キャヴェンディッシュを中心に
2. 【発表なし】
司会: 佐藤 達郎 (日本女子大学准教授)
3. 塚田 雄一 (同志社大学助教)
Antony and Cleopatra と騎士道ロマンス
4. 村里 好俊 (熊本県立大学名誉教授)
シドニーの像の転換に向けて

懇親会 17:20~18:50 (BLOSSOM CAFÉ)

― 10月8日(日) ―

パネル・ディスカッション 10:00~12:00 (法学部C館2階C-201室)

シェイクスピア研究におけるディジタル・ヒューマニティーズの成果と可能性 要旨はこちら
コーディネイター: 浜名 恵美 (東京女子大学教授)  
講師: Thomas W. Dabbs(青山学院大学教授)  
  末松 美知子(群馬大学教授)  

セミナー 13:00-16:00

セミナー1(法学部C館2階C-205室)

トマス・デカーの作品とその時代性 要旨はこちら
コーディネイター: 石橋 敬太郎(岩手県立大学教授)
メンバー: 勝山 貴之(同志社大学教授)
佐野 隆弥(筑波大学教授)
檀浦 麻衣(学習院大学非常勤講師)
本多 まりえ(明治学院大学専任講師)

セミナー2(法学部C館2階C-206室)

英學史に於けるシェイクスピア(沙翁) 要旨はこちら
コーディネイター: 村上 健(津田塾大学教授)
メンバー: 鵜澤 文子(東京女子体育大学教授)
内丸 公平(東洋大学助教)
近藤 弘幸(東京学芸大学教授)
高橋 百合子(津田塾大学非常勤講師)
増田 珠子(駿河台大学教授)
森 祐希子(東京農工大学教授)
ゲスト・スピーカー: 川戸 道昭(中央大学教授)

セミナー3(法学部C館2階C-207室)

『十二夜』を読む 要旨はこちら
コーディネイター: 中村 未樹(大阪大学准教授)
メンバー: 奥山 厚子(名古屋大学大学院博士後期課程)
高根 広大(法政大学兼任講師)
田中 愛美(早稲田大学大学院修士課程)
廣野 允樹(関西学院大学大学院博士前期課程)
松山 響子(駒沢女子大学准教授)
コメンテイター: 前原 澄子(武庫川女子大学教授)


    シェイクスピア基金へのご寄付のお願い


    日本シェイクスピア協会では、事業の一層の充実のために、シェイクスピア基金へのご寄附を受け付けております。ご賛同いただける場合にはご協力を賜りますようお願い申しあげます。

    >>> 詳しくはこちら

    記念出版のお知らせ


    『甦るシェイクスピア』


    没後400周年を記念した本論集では、日本シェイクスピア協会に所属する俊英13名が、シェイクスピアの劇作品に真っ向から取り組んで、作品解釈のさらなる可能性を追求する。協会設立55周年記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!

    『シェイクスピアと演劇文化』


    日本シェイクスピア協会の錚々たる研究者12名が刺激的な論を展開。多彩なアプローチで鋭く切り込み、シェイクスピアとイギリス・ルネサンス演劇の多面性に迫る。死後400年近く経ちながら、いまだに色褪せない魅力をもつシェイクスピアと彼を取り巻く世界を鮮やかに分析。1961年に発足し、常に日本のシェイクスピア研究を牽引してきた協会の創立50周年記念にふさわしい、切れ味鋭い記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!