第54回シェイクスピア学会が開催されました

第54回シェイクスピア学会は、2015年10月10日(土)、11日(日)の2日間にわたり、北海道教育大学函館校(北海道函館市八幡町)において、同校後援、および函館英語英文学会共催のもと開催されました。

日時: 2015年10月10日(土)/11日(日)
会場: 北海道教育大学函館校(北海道函館市八幡町)
主催: 日本シェイクスピア協会
共催: 函館英語英文学会
後援: 北海道教育大学函館校

―10月10日(土)―

開会式 13:00~(第2講義室)

開会の辞 日本シェイクスピア協会会長 井出 新
挨拶 北海道教育大学函館校キャンパス長 星野 立子
フォーラム

研究発表 14:00~17:00

第1室(第6講義室)

司会: 由井 哲哉 (フェリス女学院大学教授)
1. 藤田 隆馬 (立命館大学大学院博士課程後期課程)
トマス・デッカーの『貞淑な娼婦第一部』における市民像
2. 真部 多真記 (常磐大学准教授)
トマス・デッカー『バビロンの娼婦』とアルマダの記憶
司会: 小澤  博(関西学院大学教授)
3. 前原  澄子(武庫川女子大学教授)
A Looking Glass for London and England ― 2人の預言者の役割
4. 佐野  隆弥(筑波大学教授)
宮廷上演劇としての The Arraignment of Paris ― George Peeleと少年劇団

第2室(第5講義室)

司会: 田中 一隆 (東洋大学教授)
1. 鞠子  和子 (東京大学大学院博士課程)
『夏の夜の夢』におけるパウロ、エラスムス、アプレリウスの引喩 ― 至福時のボトムは「肉体の内にいた」
2. 中村  未樹 (大阪大学准教授)
表現と抑制 ―『ヴェローナの二紳士』における感情と演劇性について
3. 【発表なし】
4. 【発表なし】

第3室(第9講義室)

司会: 西川 健誠(神戸市外国語大学教授)
1. 長井 薫 (慶應義塾大学大学院修士課程)
ロバート・サウズウェルの自己聖人化プロジェクト ― 聖遺物としてのマニュスクリプト
2. 大塚 星太郎 (専修大学大学院博士後期課程)
『終わりよければすべてよし』の実験性
司会: 中野 春夫 (学習院大学教授)
3. 団野 恵美子 (大阪芸術大学教授)
“Why, this was moulded on a porringer! A velvet dish!” ― じゃじゃ馬ならし』と家庭用品
4. 森 祐希子 (東京農工大学教授)
『リチャード二世』の庭と園芸作業

第4室(第10講義室)

司会: 英 知明 (慶應義塾大学教授)
1. 【発表なし】
2. 住本 規子 (明星大学教授)
グラスゴー大学所蔵ファースト・フォリオに見る初期読者の書き込み
司会: 佐藤 達郎 (日本女子大学教授)
3. 五十嵐 博久 (東洋大学教授)
『ロミオとジュリエット』における宗教と裁判的思考
4. 古屋 靖二 (西南学院大学名誉教授)
黒澤映画『蜘蛛巣城』への挑戦としての翻案劇Throne of Blood を観て

懇親会 17:20~18:50 (学生食堂)

―10月11日(日)―

特別講演 10:00~11:30 (第2講義室)

司会:阿部 曜子 (津田塾大学准教授)
  Reading Madness in the Archive: Shakespeare’s Unread “Letters” 要旨はこちら
講師:Richard Burt (Professor, University of Florida)

セミナー 12:30~15:30

セミナー1(第10講義室)

シェイクスピアと海―比喩、背景、歴史 要旨はこちら
コーディネイター: ダニエル・ガリモア (関西学院大学教授)
メンバー: 丹羽 佐紀 (鹿児島大学准教授)
牧野 美季 (立教大学大学院博士後期課程)
本橋 哲也 (東京経済大学教授)

セミナー2(大会議室)

Shakespeares Tattered and Re-imagined in Manga/Comics, Animation and TV Drama 要旨はこちら
Coordinator: Ryuta Minami (Professor, Shirayuri College)
Members: Yoshiko Matsuda (Lecturer, Takasaki University of Health and Welfare)
Kyoko Matsuyama (Associate Professor, Komazawa Women’s University)
Yumi Sato (Associate Professor, Tokoha University)
Mariangela Tempera (Professor, University of Ferrara)
Commentator: Richard Burt (Professor, University of Florida)

第10回シェイクスピア・ワークショップ 要旨はこちら

12:30-14:15 (第5講義室)

コメンテイター: 川田  潤 (福島大学教授)
  吉原 ゆかり (筑波大学准教授)
メンバー: 円浄 ゆり (津田塾大学大学院博士課程)
日比谷 沙紀 (東北大学大学院修士課程)
司会: 円浄 ゆり

    シェイクスピア基金へのご寄付のお願い


    日本シェイクスピア協会では、事業の一層の充実のために、シェイクスピア基金へのご寄附を受け付けております。ご賛同いただける場合にはご協力を賜りますようお願い申しあげます。

    >>> 詳しくはこちら

    記念出版のお知らせ


    『甦るシェイクスピア』


    没後400周年を記念した本論集では、日本シェイクスピア協会に所属する俊英13名が、シェイクスピアの劇作品に真っ向から取り組んで、作品解釈のさらなる可能性を追求する。協会設立55周年記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!

    『シェイクスピアと演劇文化』


    日本シェイクスピア協会の錚々たる研究者12名が刺激的な論を展開。多彩なアプローチで鋭く切り込み、シェイクスピアとイギリス・ルネサンス演劇の多面性に迫る。死後400年近く経ちながら、いまだに色褪せない魅力をもつシェイクスピアと彼を取り巻く世界を鮮やかに分析。1961年に発足し、常に日本のシェイクスピア研究を牽引してきた協会の創立50周年記念にふさわしい、切れ味鋭い記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!