シェイクスピアとその時代を読む(研究社 2007)

[45周年記念]

シェイクスピアとその時代を読む『シェイクスピアとその時代を読む』 日本シェイクスピア協会編
四六判(上製)、viii+250 頁
株式会社研究社
ISBN 978-4-327-47210-8 C3098
定価3,200円(本体)2007年3月28日発売

はしがき(楠明子)
パルナッソスからロンドンへ —— 一五八〇年代における大学と大衆演劇(井出新)
印刷業者、職人、エージェント —— ジョン・ダンター印刷所(英知明)
一五九〇年代における民衆暴動表象の展開 —— 『ヘンリー六世・第二部』を起点として(佐野隆弥)
「母の名前は不吉の印」 —— 『リチャード三世』の演劇性と歴史性(篠崎実)
「きみに時間の清算書を求めてはならぬ」 —— 『ヘンリー四世・第一部』における王権と債務(米谷郁子)
欽定『説教集』とボトムの夢 —— 『夏の夜の夢』再考(郷健治)
「そして類なき」 —— 女王の時代の詩人と「不死鳥と山鳩」(清水徹郎)
ルーシオの悪ふざけ —— 『尺には尺を』における裁きと認識(高田茂樹)
アエネアスとディドの変容 —— 『オセロー』における文学的伝統(廣田篤彦)
『シンベリン』のブリテン史における好戦的英雄主義 —— 国家のアイデンティティの起源を求めて(石橋敬太郎)
ジョン・フレッチャーの作風 —— シェイクスピアを継いで(河合祥一郎)
モルフィ公爵夫人の悲劇 —— 秘密結婚とその時代(撫原華子) (目次順)

>>> この本のご予約・ご注文はこちら!

    シェイクスピア基金へのご寄付のお願い


    日本シェイクスピア協会では、事業の一層の充実のために、シェイクスピア基金へのご寄附を受け付けております。ご賛同いただける場合にはご協力を賜りますようお願い申しあげます。

    >>> 詳しくはこちら

    記念出版のお知らせ


    『甦るシェイクスピア』


    没後400周年を記念した本論集では、日本シェイクスピア協会に所属する俊英13名が、シェイクスピアの劇作品に真っ向から取り組んで、作品解釈のさらなる可能性を追求する。協会設立55周年記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!

    『シェイクスピアと演劇文化』


    日本シェイクスピア協会の錚々たる研究者12名が刺激的な論を展開。多彩なアプローチで鋭く切り込み、シェイクスピアとイギリス・ルネサンス演劇の多面性に迫る。死後400年近く経ちながら、いまだに色褪せない魅力をもつシェイクスピアと彼を取り巻く世界を鮮やかに分析。1961年に発足し、常に日本のシェイクスピア研究を牽引してきた協会の創立50周年記念にふさわしい、切れ味鋭い記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!