お知らせ

SYMPOSIUM: SPEAKING OF BAROQUE SHAKESPEARE

バロックという観点からShakespeareを見たらどのような視野が開けるか。これをテーマにして以下のようにシンポジウムを開催いたします。お気軽にご参加ください。


日時:2011年2月21日(月) 16:00−18:30
場所:東京大学駒場キャンパス 18号館4階コラボレーションルーム2
(東京大学駒場キャンパスは京王井の頭線駒場東大前下車2分です)

講演者: 1.Tom Bishop(University of Auckland): "Shakespeare, Rubens and Descartes"
2.Atsuhiko Hirota (Kyoto University): "King Lear's Balancing Policy: A Baroque Initiative" 
3.Yasunari Takada (University of Tokyo): "Shakespeare, Rubens and Another Modernity"

主催:東京大学 (Center for Philosophy) + 京都大学
共催:日本シェイクスピア協会
問い合わせ先:高田康成 (東京大学) takada[at]chora.c.u-tokyo.ac.jp



βαχκ