2015年度総会とシェイクスピア祭を開きました

2015年度の総会とシェイクスピア祭が開催されました。多数のご来場ありがとうございました。

日時:2015年4月25日(土)12:00~12:30
場所:明治大学 駿河台校舎(リバティタワ-)[東京都千代田区神田駿河台1-1]

最寄駅からのアクセス
  ■ JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩3分
  ■ 東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩5分
  ■ 都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩5分

また本年度のシェイクスピア祭を、日本英文学会共催、明治大学文学部協賛、明治大学学部間共通総合講座「シェイクスピアの現代的魅力」提携により、下記の通り催します。一般公開(事前予約不要)で無料です。お知り合いをお誘いのうえ、多数ご参加ください。

日時:2015年4月25日(土)13:00~16:30
場所:明治大学 駿河台校舎(リバティタワ-)
2015ShakespeareFestivalPoster
13:00~ ご挨拶  
13:10~ 対談 「シェイクスピアの料理法 」
講師:青木 豪 (劇作家・演出家)
聞き手:井上 優 (明治大学)
15:00~ 講演 「シェイクスピア時代の『検閲』とはなにか」
講師:太田一昭(九州大学)

出演者プロフィール

青木豪 (あおきごう)氏: 1967年横須賀生まれ。明治大学文学部文学科演劇学専攻卒業。97年に『アフタースクール』で劇団グリングを旗揚げし、全18公演の作・演出を務め、市井の人々の巧みな会話劇で評判を呼んだ。劇団は2009年に活動休止、14年に解散。また、プロデュース公演や他劇団にバラエティに富んだ作品を提供している。
シェイクスピア関連の作品では、D-BOYS STAGEの『十二夜』(13年10月・演出)、同『ヴェニスの商人』(11年4月・演出)、『ロミオ&ジュリエット』(12年5月・上演台本)、『リチャード三世』を下敷きにした、いのうえ歌舞伎『鉈切り丸』(13年10月・脚本)を手がけている。その他の主な舞台作品として、【作・演出】『東風』(05/鶴屋南北戯曲賞ノミネート)、『獏のゆりかご』(06/第51回岸田戯曲賞最終候補作品)、『ゆすり』(08)、【脚本】『エスペラント~教師たちの修学旅行の夜~』(06/鶴屋南北戯曲賞ノミネート)、『流星ワゴン』(06)、『渇いた人々は、とりあえず死を叫び』(09)、『ガラスの仮面』(10)、『八犬伝』『断色』『鉈切り丸』(13)、『9 days Queen? 九日間の女王?』(14)、【演出】『往転-オウテン』(12/第66回文化庁芸術祭新人賞受賞)などがある。また、09年に脚本を手がけたHTBスペシャルドラマ『ミエルヒ』で第47回ギャラクシー賞テレビ部門優秀賞、NHK FMシアター『リバイバル』でABU賞も受賞している。12年9月から13年7月まで、文化庁新進芸術家派遣制度によりロンドンに留学。

aoki
井上優 (いのうえまさる)氏: 明治大学文学部准教授
1967年生まれ。演劇学、西洋演劇史(特にシェイクスピアを中心とする近代の演劇の表現モードの変遷)を研究。明治大学のシェイクスピア上演(明治大学シェイクスピア・プロジェクト)をコーディネイターとして統括・指導。国際演劇評論家協会日本センター会員。日本演劇学会理事。
主要著作として『演劇の課題』(共著、三恵社、2010年)「『ハムレット』の不可能性--メイエルホリドとタルコフスキーの実現しなかった『ハムレット』をめぐって--」(明治大学『文芸研究』111号、2010年)などがある。またラッセル・ジャクソン編『シェイクスピア映画論』(共訳、開文社出版、2004年)、毛利三彌編『演劇論の変貌』(共訳、論創社、2007年)などの翻訳でも活躍している。

inoue
太田一昭 (おおたかずあき)氏: 九州大学大学院言語文化研究院教授。シェイクスピア劇、16~17世紀英国演劇の検閲・統制、地方巡業、戯曲印刷・出版史を研究。
主著に『英国ルネサンス演劇統制史――検閲と庇護――』(単著、九州大学出版会、2012年)、『新編シェイクスピア案内』(分担執筆、研究社、2007年)、『言葉の絆』、(共編著、開拓社、2006年)、『初期英国演劇統制資料』、(編集、九州大学言語文化研究院、2003年)、『エリザベス朝演劇と検閲』(編著、英宝社、1996年)など。
ota


    シェイクスピア基金へのご寄付のお願い


    日本シェイクスピア協会では、事業の一層の充実のために、シェイクスピア基金へのご寄附を受け付けております。ご賛同いただける場合にはご協力を賜りますようお願い申しあげます。

    >>> 詳しくはこちら

    記念出版のお知らせ


    『甦るシェイクスピア』


    没後400周年を記念した本論集では、日本シェイクスピア協会に所属する俊英13名が、シェイクスピアの劇作品に真っ向から取り組んで、作品解釈のさらなる可能性を追求する。協会設立55周年記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!

    『シェイクスピアと演劇文化』


    日本シェイクスピア協会の錚々たる研究者12名が刺激的な論を展開。多彩なアプローチで鋭く切り込み、シェイクスピアとイギリス・ルネサンス演劇の多面性に迫る。死後400年近く経ちながら、いまだに色褪せない魅力をもつシェイクスピアと彼を取り巻く世界を鮮やかに分析。1961年に発足し、常に日本のシェイクスピア研究を牽引してきた協会の創立50周年記念にふさわしい、切れ味鋭い記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!