『甦るシェイクスピア』-没後四〇〇周年記念論集-

俊秀13名によるシェイクスピア論の競演/饗宴!

甦るシェイクスピアシェイクスピアが1616年に没してから今年で400年を迎える。同時代に生きたベン・ジョンソンが遺した「君は一代のための物書きにあらず、万代のための作家なり」という賞賛の言葉通り、シェイクスピアはいまもなお世界中で上演され、人々を魅了し続けている。没後400周年を記念した本論集では、日本シェイクスピア協会に所属する俊英13名が、シェイクスピアの劇作品に真っ向から取り組んで、作品解釈のさらなる可能性を追求する。協会設立55周年記念論集。

『甦るシェイクスピア』日本シェイクスピア協会 編
ISBN 978-4-327-47234-4 C3098
定価4,104円(本体3,800円+税)
四六判 上製 292頁
刊行年 2016年10月

はしがき(井出新)
‘The rest is silence, O, o, o, o.’ ――『ハムレット』の改訂をめぐって(篠崎実)
『ハムレット』受容史を書き換える――堤春恵と二〇世紀末の日本(芦津かおり)
記憶と五感から見る『ハムレット』(冬木ひろみ)
印刷所の『ロミオとジュリエット』――初版原稿の生成プロセス(英知明)
隠喩としてのキケロの手―『ジュリアス・シーザー』と雄弁術(鶴田学)
真実という野良犬―『リア王』における「忠告」のパフォーマティヴィティについて(米谷郁子)
マクベスと役者の身体(桑山智成)
理想の君主を演じる――『ヘンリー五世』への道(髙田茂樹)
『夏の夜の夢』――月の世界のconstancy (河合祥一郎)
『ヴェニスの商人』とユダヤ人劇の系譜――サブテクストとしての『ロンドンの三人の貴婦人』(小林潤司)
『お気に召すまま』における兄弟表象と「もしも」の効用(岩田美喜)
『終わりよければすべてよし』から――バートラムとヘレナとパローレスの空だいこ(川井万里子)
近代初期イングランドの女性と医療――『終わりよければすべてよし』と「恵み草」ヘンルーダ(石塚倫子)

>>> この本のご予約・ご注文はこちら!

    日本シェイクスピア協会事業運営へのご寄附のお願い


    日本シェイクスピア協会では、シェイクスピア祭やシェイクスピア学会の開催、Shakespeare Studies、Shakespeare Journalの刊行など、事業の一層の充実のために、ご寄附を受け付けております。ご賛同いただける場合にはご協力を賜りますようお願い申しあげます。

    >>> 詳しくはこちら

    記念出版のお知らせ


    『甦るシェイクスピア』


    没後400周年を記念した本論集では、日本シェイクスピア協会に所属する俊英13名が、シェイクスピアの劇作品に真っ向から取り組んで、作品解釈のさらなる可能性を追求する。協会設立55周年記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!

    『シェイクスピアと演劇文化』


    日本シェイクスピア協会の錚々たる研究者12名が刺激的な論を展開。多彩なアプローチで鋭く切り込み、シェイクスピアとイギリス・ルネサンス演劇の多面性に迫る。死後400年近く経ちながら、いまだに色褪せない魅力をもつシェイクスピアと彼を取り巻く世界を鮮やかに分析。1961年に発足し、常に日本のシェイクスピア研究を牽引してきた協会の創立50周年記念にふさわしい、切れ味鋭い記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!