2017年度総会とシェイクスピア祭を開きました

2017年度の総会とシェイクスピア祭が開催されました。多数のご来場ありがとうございました。

日時:2017年4月22日(土)12:00~12:30
場所:明治大学駿河台校舎リバティタワー1032(東京都千代田区神田駿河台1-1)

最寄駅からのアクセス
■JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅下車徒歩約3分
■ 東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅下車 徒歩約5分
■ 都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅下車徒歩約5分

また本年度のシェイクスピア祭を日本英文学会共催、明治大学学部間共通総合講座である「シェイクスピアの現代的魅力」協力で、下記の通り開催します。一般公開(事前予約不要)で入場無料です。お知り合いをお誘いのうえ、多数ご参加ください。

日時:2017年4月22日(土) 13:00~16:30
明治大学駿河台校舎リバティタワー

13:00~ ご挨拶

13:10~ トーク 「蜷川シェイクスピアをふりかえる」
松岡和子氏(翻訳家・演劇評論家、東京医科歯科大学名誉教授)

 圧倒的規模と想像力で「日本のシェイクスピア」を次々に発信し続けた蜷川幸雄。もはや新たなNINAGAWA SHAKESPEAREを観ることができないという事実の大きさが、重く感じられてなりません。継承か、超克か。そもそもシェイクスピアを含めて、日本演劇を超克しようとしていた蜷川亡き後、この問いは、彼のシェイクスピア作品をふりかえるところから始められるべきでしょう。
 蜷川没後一年をまさに迎えようとする今回のシェイクスピア祭では、彩の国シェイクスピアシリーズで、「座付き翻訳家」として蜷川幸雄と長年協同してきた松岡和子氏に、蜷川シェイクスピアの特色と、ご自身の経験をふりかえっていただきます。
(聞き手:野田学 明治大学教授)

15:00〜16:20 講演 「「シェイクスピアの面白さ」とは何か」
講師:高田康成氏(
東京大学名誉教授、名古屋外国語大学現代国際学部教授)

 シェイクスピアは「一時期のものではなく全ての時代のためにある」と言ったのはベン・ジョンソンだが、そののちイギリス革命の動乱を挟んで王政復古期ともなると、『リア王』にしろ『コリオレイナス』にしろ『リチャード二世』にしろ、そのまま上演されることはなく、悪名高い「改作」として大流行となる。その間わずか半世紀余り、「全ての時代のために」など何処吹く風。この歴史的事態を重く受け止めるならば、20-21世紀の極東の島国に生息するわれわれが「面白い」と思っているシェイクスピアは、ひょっとするととんでもない代物かもしれない。少なくとも、16世紀末-17世紀初頭の英国で特定の意味の形を成したシェイクスピアとは、およそかけ離れたものである可能性は高いのではないだろうか。それでもなお「面白い」と言うのであれば、その「面白さ」とは何か。

出演者プロフィール

松岡和子(まつおかかずこ)氏
1942年旧満州新京(長春)生まれ。翻訳家・演劇評論家。日本シェイクスピア協会  会員、 国際演劇評論家協会会員。第21期、22期国語審議会委員。2008年度まで文化庁文化審議会 委員。東京女子大学英米文学科卒業。東京大学大学院修士課程修了。専攻は17世紀イギリス 演劇。発足当初の現代演劇協会(付属劇団雲)文芸部研究生、『罪と罰』(演出・福田恆存)『黄金の国』(演出・芥川比呂志)の公演には演出助手として参加。1982年東京医科歯科大学(教養部)助教授(1986~97年)。
【著書】『ドラマ仕掛けの空間』(創樹社)、『すべての季節のシェイクスピア』(筑摩書房)、河合隼雄氏との対談集『快読シェイクスピア』(ちくま文庫)、『「もの」で読む入門シェイクスピア』(ちくま文庫)、『深読みシェイクスピア』(新潮文庫)など。
【訳書】『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』『クラウド9』など多数。現在、 シェイクスピア戯曲の全訳に取り組んでおり、既刊は『ハムレット』『ロミオとジュリエッ ト』『マクベス』『リア王』『夏の夜の夢・間違いの喜劇』『十二夜』『リチャード三世』『テンペスト』『ウィンザーの陽気な女房たち』『ヴェニスの商人』『ペリクリーズ』『タイタス・アンドロニカス』『コリオレイナス』『オセロー』『お気に召すまま』『恋の骨折り損』『から騒ぎ』『冬物語』『ヘンリー六世・全三部』『じゃじゃ馬馴らし』『アントニーとクレオパトラ』『シンベリン』『トロイラスとクレシダ』『ヘンリー四世・全二部』『ジュリアス・シーザー』『リチャード二世』『ヴェローナの二紳士』『尺には尺を』『アテネのタイモン』(以上33本)。
【受賞歴】1995年第2回湯浅芳子賞受賞(海外戯曲翻訳部門)。

聞き手 野田学 (のだまなぶ)氏
1963年東京生まれ。英文学・演劇評論家。国際演劇評論家協会日本センター会員。演劇誌『シ アターアーツ』(国際演劇評論家協会日本センター)、web演劇誌 Critical Stages(国際演劇評家協会、http://www.critical-stages.org/) 編集部員。

高田康成(たかだやすなり)氏
1950年東京生まれ。表象古典文化論。
【単著】『キケロ ヨーロッパの知的伝統』(岩波新書, 1999)、Transcendental Descent: Essaysin Literature and Philosophy (University of Tokyo Centre of Philosophy, 2007)、『クリティカル・モーメント―批評の根源と臨界の認識』(名古屋大学出版会, 2010)。
【共著】Platonism and the English Imagination (Cambridge UP, 1994)、The Body and the Soul in  Medieval Literature (Boydell & Brewer, 1999)、『ムーサよ語れ -古代ギリシア文学への招待』(三陸書房, 2003)、The Classics and National Cultures (Oxford UP, 2010)など。
【翻訳】P.グリマル『キケロ』(白水社, 1994)、P.ドロンケ『中世ヨーロッパの歌』(水声社, 2004)、G. スタイナー『師弟のまじわり』(岩波書店, 2011)、『エラスムス=トマス・モア往復書簡』共訳(岩波文庫, 2015)など。

    シェイクスピア基金へのご寄付のお願い


    日本シェイクスピア協会では、事業の一層の充実のために、シェイクスピア基金へのご寄附を受け付けております。ご賛同いただける場合にはご協力を賜りますようお願い申しあげます。

    >>> 詳しくはこちら

    記念出版のお知らせ


    『甦るシェイクスピア』


    没後400周年を記念した本論集では、日本シェイクスピア協会に所属する俊英13名が、シェイクスピアの劇作品に真っ向から取り組んで、作品解釈のさらなる可能性を追求する。協会設立55周年記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!

    『シェイクスピアと演劇文化』


    日本シェイクスピア協会の錚々たる研究者12名が刺激的な論を展開。多彩なアプローチで鋭く切り込み、シェイクスピアとイギリス・ルネサンス演劇の多面性に迫る。死後400年近く経ちながら、いまだに色褪せない魅力をもつシェイクスピアと彼を取り巻く世界を鮮やかに分析。1961年に発足し、常に日本のシェイクスピア研究を牽引してきた協会の創立50周年記念にふさわしい、切れ味鋭い記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!