2018年度シェイクスピア祭を開きました

2018年度のシェイクスピア祭が開催されました。多数のご来場ありがとうございました。

日時:2018年4月21日(土)13:00~16:30
場所:早稲田大学戸山キャンパス 36号館382教室(東京都新宿区戸山 1-24-1)

最寄駅からのアクセス
■ JR山手線/髙田馬場駅下車 徒歩20分
■ 西武新宿線/髙田馬場駅下車 徒歩20分
■ 東京メトロ東西線/早稲田駅下車 徒歩3分
■ 副都心線/西早稲田駅下車 徒歩12分
■ 学バス/髙田馬場駅―早大正門、馬場下町バス停



13:00~ ご挨拶

13:10~ トーク 「シェイクスピアの史劇、人間史を俯瞰する」
鵜山仁氏(文学座)

 利己と利他、忠誠と裏切り、個人と国家、現生の快楽と死後の名誉、影と実体.そして生と死…数限りない二律背反。その対立と矛盾からこそ芝居の、また人生のエネルギーが生まれるという作者の演劇観人生観が、我らの同時代人としての、シェイクスピアの面白さを再認識させてくれます。
『リチャード二世』から『リチャード三世』に至る史劇群を中心に、相反する価値観の衝突を表現するにあたっての現場での経験を、幾分かでも共有できればと思っています。
(聞き手:冬木 ひろみ 早稲田大学教授)




15:00〜16:30 講演 「意味を通じさせること ― 本文編纂者のシェイクスピア」
講師:金子雄司氏 (中央大学名誉教授)

「シェイクスピア産業」と称されてから約1世紀。21世紀に入ってから、英米では、早くも1巻本シェイクスピア全集が既に4種出版されている。ちなみに、シェイクスピア作品校訂版と銘打った本は18世紀初頭に出現するが、同時にそれはシェイクスピア作品編纂者の出現をも意味した。本講演では、初期印刷本にあるさまざまな問題について、編纂者がいかなる解決策を講じて、結果として、そこに意味を通じさせているのかを、最新の全集本で点検する。







出演者プロフィール

鵜山仁(うやまひとし)氏
文学座所属。奈良県出身。精力的な演出活動を続け、日本演劇界を代表する演出家の一人である。83年から1年間、文化庁派遣芸術家在外研修員としてパリに滞在。2010年『ヘンリー六世』(新国立劇場)により第17回読売演劇大賞最優秀演出家賞、芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。シェイクスピア作品の演出も多数てがけ、『リチャード三世』『尺には尺を』『ヘンリー五世』(リーディング)『リア王』『トロイラスとクレシダ』『ヘンリー四世』など高い評価を得ている。現在も斬新な企画力と発想で、年々演出ジャンルの幅を広げている中、本年5月には新国立劇場での『ヘンリー五世』が控えている。07年9月~10年8月、新国立劇場の第4代芸術監督(演劇部門)を務めた

金子雄司(かねこゆうじ)氏
1942年福島県生まれ。ICU卒業。バーミンガム大学大学院留学を経て、東京大学大学院博士課程単位取得満期退学。中央大学名誉教授。元日本シェイクスピア協会会長。シェイクスピア作品印刷の歴史、本文編纂理論の歴史、および、現在の編纂理論を研究領域としている。
主な著作:The Restoration Stage Controversy (The History of British Theatre Series), 6 vols. 復刻版監修・解説執筆(Routledge, 1996年)、「シェイクスピア本文とは何か」英語青年(2001年4月号~2002年1月号連載)、「19-20世紀の版本-理論と実践」『シェイクスピア大事典』所載(日本図書センター、2002年)、「シェイクスピア本文の再生産」『岩波講座 文学1』所載(岩波書店、2003年)、「シェイクスピア作品の印刷本と本文編纂」日本シェイクスピア協会編『新編・シェイクスピア案内』所載(研究社、2007年)、『19世紀英国家庭のためのシェイクスピア戯曲全集 (The Family Shakespeare)』全10巻、復刻版監修・解説執筆(ユーリカ・プレス、2009年)、『シェイクスピアの「原作」― 二〇世紀シェイクスピア本文批評の歴史』(中央大学人文科学研究所、2014年)など。

早稲田大学文学部(戸山キャンパス)
アクセスマップ

    シェイクスピア基金へのご寄付のお願い


    日本シェイクスピア協会では、事業の一層の充実のために、シェイクスピア基金へのご寄附を受け付けております。ご賛同いただける場合にはご協力を賜りますようお願い申しあげます。

    >>> 詳しくはこちら

    記念出版のお知らせ


    『甦るシェイクスピア』


    没後400周年を記念した本論集では、日本シェイクスピア協会に所属する俊英13名が、シェイクスピアの劇作品に真っ向から取り組んで、作品解釈のさらなる可能性を追求する。協会設立55周年記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!

    『シェイクスピアと演劇文化』


    日本シェイクスピア協会の錚々たる研究者12名が刺激的な論を展開。多彩なアプローチで鋭く切り込み、シェイクスピアとイギリス・ルネサンス演劇の多面性に迫る。死後400年近く経ちながら、いまだに色褪せない魅力をもつシェイクスピアと彼を取り巻く世界を鮮やかに分析。1961年に発足し、常に日本のシェイクスピア研究を牽引してきた協会の創立50周年記念にふさわしい、切れ味鋭い記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!