協会概要

日本シェイクスピア協会について

日本シェイクスピア協会は、日本におけるシェイクスピア研究の促進を目的とする非営利の学術団体です。協会は、研究年刊(Shakespeare Studies)、総合学術誌(Shakespeare Journal)、会報(Shakespeare Newsletter)、記念論文集の出版や、シェイクスピア学会、シェイクスピア祭、講演会、研究会の主催を通して、国内外の研究者間の交流に努めています。

日本シェイクスピア協会の沿革

日本シェイクスピア協会は、1929 年に東京帝国大学教授市河三喜を会長、シェイクスピア全訳で知られる坪内逍遥を名誉会長として発足した第一次日本シェイクスピア協会を前身としています。日英友好をその大きな目的の一つとしていた第一次協会は、1930 年代の政治情勢の緊迫によって活動にさまざまな支障が生じ、第二次世界大戦中は実質的な活動停止となりました。

現在の協会の活動は15 年間の空白期間を経た1961 年に始まりました。新協会は日本におけるシェイクスピア研究の促進を目的と定め、シェイクスピアとエリザベス朝演劇に関心をもつ全ての人々にその門戸を広げました。新協会は、1961 年から1975 年まで会長を務めた中島文雄の下に設立され、その後、小津次郎(1975-88)、高橋康也(1989-97)、玉泉八州男(1997-99), 喜志哲雄(1999-2001)、金子雄司(2001-05)、楠明子(2005-2009)、安達まみ(2009-13)、中野春夫(2013-15)、井出新(2015- )が会長を務めています。

1991 年に、40 カ国以上から700 人を超える参加者を得て、第5回 World Shakespeare Congress を成功裡に主催したことは、協会の歴史の大きな里程標となりました。

連絡先

日本シェイクスピア協会 事務局
〒162-0825
東京都新宿区神楽坂1-2 研究社英語センタービル 3F

Phone/Fax:03-3260-8109 (電話受付は毎週 月・木の12:00-16:00、ファクシミリは常時可能)
e-mail:info@s-sj.org
当協会のホームページは、協会からのお知らせをお伝えすることを主目的に運営されているため、メールのご利用は、[入会申込]と[住所変更]のみに限らせていただいております。その他のご質問等は、協会事務局まで電話かファクシミリにてご連絡ください。

委員会

会長:井出 新
委員:阿部曜子、石橋敬太郎、井出新、岩田美喜、桑山智成、小林潤司、小町谷尚子、
    近藤弘幸、篠崎実、清水徹郎、竹村はるみ、野田学、廣田篤彦、南隆太、山田雄三
監事:新谷忠彦、前沢浩子
2015年4月~2017年3月

日本シェイクスピア協会規約

    日本シェイクスピア協会事業運営へのご寄附のお願い


    日本シェイクスピア協会では、シェイクスピア祭やシェイクスピア学会の開催、Shakespeare Studies、Shakespeare Journalの刊行など、事業の一層の充実のために、ご寄附を受け付けております。ご賛同いただける場合にはご協力を賜りますようお願い申しあげます。

    >>> 詳しくはこちら

    記念出版のお知らせ


    『甦るシェイクスピア』


    没後400周年を記念した本論集では、日本シェイクスピア協会に所属する俊英13名が、シェイクスピアの劇作品に真っ向から取り組んで、作品解釈のさらなる可能性を追求する。協会設立55周年記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!

    『シェイクスピアと演劇文化』


    日本シェイクスピア協会の錚々たる研究者12名が刺激的な論を展開。多彩なアプローチで鋭く切り込み、シェイクスピアとイギリス・ルネサンス演劇の多面性に迫る。死後400年近く経ちながら、いまだに色褪せない魅力をもつシェイクスピアと彼を取り巻く世界を鮮やかに分析。1961年に発足し、常に日本のシェイクスピア研究を牽引してきた協会の創立50周年記念にふさわしい、切れ味鋭い記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!