Shakespeare Studies

<Shakespeare Studies 投稿規程> (ver. 2017)

1. 投稿論文(研究論文、書評、劇評) は未発表のもので、他の雑誌に掲載される予定がないものであること。ただし、すでに口頭で発表し、その旨を注に明記している場合には、審査の対象となる。
2. 研究論文は、英文で6,000 words程度の長さであること(注は、これに含まない)。注は、脚注とする。投稿者の名前、謝辞等は論文そのものには記さず、カバーレターに記すこと。採用された場合は、謝辞は註の冒頭に置かれる。カバーレターには、原稿のタイトル、氏名[ふり仮名つき]、現在の所属、連絡用の住所、電話番号、ファックス番号、電子メールアドレスを明記すること。
3. 書評ならびに劇評は、英文で1,000 words程度の長さであること。
4. 投稿論文は電子メールで提出すること。WORD ファイル形式(.doc, .docx)、あるいはリッチテキスト形式( .rtf) で作成・保存し、添付ファイルで日本シェイクスピア協会の提出用アドレスssj-studies@nifty.com まで送信すること。受領確認後、事務局から受領確認メールを送る。提出後7日以内にそれが届かない場合、投稿論文が事務局に届いていない可能性があるので必ず再送信すること。
5. 書式上の注意については協会HPの‘Style Sheet for Shakespeare Studies’を参照すること。
6. 応募論文の採否及び掲載の時期は、編集委員会が決定する(ただし、当該年度の審査を受けるには、8月末日までに論文を提出しなくてはならない。) 採用論文の掲載に先立ち、編集委員会は書き直しを求めることがある。
7. 校正は、原則として初校に限り、執筆者が行なうこととする。この際、加筆・訂正は表記および事実の誤りに関するもののみとし、それ以外は認めない。
8. 英語を母語としない投稿者は事前に必ず、英語を母語とする人によるチェックを受けること。
9. 論文中に掲載される図表や写真その他の掲載資料は、採用が決定した際には投稿者自身が著作権者の許可を受けた上で慎重に引用すること。
10. 掲載された研究論文、書評、劇評の著作権は執筆者が有するが、執筆者は、著作権保護期間の間、あらゆる言語、形態、媒体、国において、それを出版する独占的な権利を日本シェイクスピア協会に与えるものとする。執筆者が著作物の転載や翻訳を希望する際には、協会の許可を得ること。

*応募用アドレスが変更いたしました。ご注意ください。

<Style Sheet for Shakespeare Studies>

Required style sheet: MHRA (can be downloaded from http://www.mhra.org.uk).

Typescript
Use footnotes, not endnotes. Use double spacing. Use only a single space after a full stop. Avoid creating ‘Works Cited’; all the details of references should be in footnotes.
Numbers
In expressing inclusive numbers falling within the same hundred, the last two figures should be given: 13–14, 44–48, 103–09, 1933–34.
References
The sources of all quotations and citations should be clearly noted.
The first reference to a book should be in the form:
E. K. Chambers, The Elizabethan Stage, 4 vols (Oxford: Clarendon Press, 1923; repr. 1974), I, p. 123.
The first reference to an article in a book should be in the form:
Marie Therese Jones-Davies, ‘Shakespeare and the Myth of Hercules’, in Reclamations of Shakespeare, ed. by A. J. Hoenselaars, DQR Studies in Literature 15 (Amsterdam: Rodopi, 1994), pp. 57–74.
The first reference to a journal should be in the form:
Stephen Greenblatt, ‘Sidney’s Arcadia and the Mixed Mode’, Studies in Philology, 70.3 (1973), 269–78 (p. 270).
Subsequent references:
Greenblatt, p. 272.
When more than one source of the same author are used:
Greenblatt, Renaissance Self-Fashioning, p. 112.
Do not use Ibid or op. cit.
Act, scene, line references to plays should be in the form: Hamlet, III. 4. 24–25.
Quotations
Never fail to specify the edition you used. Prose quotations of fewer than about forty words and verse quotations of less than three lines may be run on in the text, within quotation marks; verse line divisions should be indicated by a spaced upright stroke ( | ). Quotations within the body of the text should normally be followed by a parenthetical reference like (III.4.23–26) and (p. 78), after which the full stop comes. Longer quotations should be indented.
Italic type
Italic type should be indicated by italicizing it. When words which would normally be italicized appear in upper case or italic context, they should be placed within inverted commas: From ‘Mankind’ to Marlowe.
Ellipsis
In order to distinguish points that appear in the original and points indicating an ellipsis, indicate an ellipsis by means of three points within square brackets ([…]).

    シェイクスピア基金へのご寄付のお願い


    日本シェイクスピア協会では、事業の一層の充実のために、シェイクスピア基金へのご寄附を受け付けております。ご賛同いただける場合にはご協力を賜りますようお願い申しあげます。

    >>> 詳しくはこちら

    記念出版のお知らせ


    『甦るシェイクスピア』


    没後400周年を記念した本論集では、日本シェイクスピア協会に所属する俊英13名が、シェイクスピアの劇作品に真っ向から取り組んで、作品解釈のさらなる可能性を追求する。協会設立55周年記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!

    『シェイクスピアと演劇文化』


    日本シェイクスピア協会の錚々たる研究者12名が刺激的な論を展開。多彩なアプローチで鋭く切り込み、シェイクスピアとイギリス・ルネサンス演劇の多面性に迫る。死後400年近く経ちながら、いまだに色褪せない魅力をもつシェイクスピアと彼を取り巻く世界を鮮やかに分析。1961年に発足し、常に日本のシェイクスピア研究を牽引してきた協会の創立50周年記念にふさわしい、切れ味鋭い記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!