第51回シェイクスピア学会が開催されました

第51回シェイクスピア学会は、2012年10月13日(土)、14日(日)の2日間にわたり、秋田大学(秋田県秋田市)において開催されました。

―10月13日(土)―

開会式 13:00~

一般教育2号館103教室

開会の辞 日本シェイクスピア協会会長 安達 まみ
挨拶 秋田大学教育文化学部長 四反田 素幸
フォーラム

研究発表:14:00~17:00

第1室(一般教育1号館302教室)

司会: 中村 未樹 (大阪大学准教授)、勝山 貴之 (同志社大学教授)
1. 丹羽 佐紀 (鹿児島大学准教授)
“Male Friendship” の観点から見たダビデとフシャイの関係
David and Bethsabe と聖書の比較を中心として
2. 竹山 友子 (大阪電気通信大学准教授)
メアリー・シドニー訳 Psalmes における womb の消滅
3. 園田 靖 (九州大学大学院博士後期課程)
シェイクスピア劇の “Manoeuvrers” — 声を内包するテキスト
4. 斎藤 衞 (大阪大学名誉教授)
『リア王』 のオールバニーは観客代表か — 倫理と政治のはざまで

第2室(一般教育1号館305教室)

司会: 桑山 智成 (京都大学准教授)、井出 新 (慶應義塾大学教授)
1. 石渕 理恵子 (東京女子大学大学院博士後期課程)
Love’s Victory における結婚と未婚を通す女性: As You Like It を基盤に
2. 竹村 はるみ (立命館大学准教授)
友愛のスペクタクル — 『ゲスタ・グレイオールム』 と1590年代の政治危機
3. 杉浦 裕子 (鳴門教育大学准教授)
ベン・ジョンソンの 『へぼ詩人』 と少年劇団
4. 小澤 博 (関西学院大学教授)
コンパス考: The Magnetic Lady と humour のロジック

第3室(一般教育1号館402教室)

司会: 楠 明子 (東京女子大学大学院特任教授)、大西 洋一 (秋田大学准教授)
1. 蓮池 藍 (東京大学大学院博士課程)
移動する装身具 — シェイクスピア喜劇における指輪を中心にして
2. James Tink (東北大学准教授)
‘Shakespeare and Unemployment: Reading The Tempest as an Allegory of Labour’
3. 福士 航 (東北学院大学准教授)
She-tragedy における感情 — The OrphanThe Fatal Marriage を中心に
4. 大和 高行 (鹿児島大学教授)
シバー版 『リチャード三世』 にみられる「歴史」提示法

第4室(一般教育1号館405教室)

司会: 大島 久雄 (九州大学准教授)、太田 一昭 (九州大学教授)
1. 末松 美知子 (群馬大学教授)
言語的表象にみる日本のシェイクスピア上演の特色
— A|S|I|A (Asian Shakespeare Intercultural Archive)を活用して
2. 清水 徹郎 (お茶の水女子大学准教授)
マーロウ、ローマ帝政期ギリシア詩人、ホメーロス — 1570年代・80年代大陸の普及版古典文学印刷本を巡って
3. 井上 歩 (明星大学大学院博士前期課程)・住本 規子 (明星大学教授)
明星大学所蔵ファースト・フォリオ (MR774) の書き込み — Hamlet を中心に
4. 金子 雄司 (中央大学教授)
シェイクスピア本文編纂の現在・未来 — Othello 本文編纂における Q2 (1630) の歴史的位置と価値

―10月14日(日)―

パネル・ディスカッション 10:00~12:30

一般教育2号館103教室

Shakespeare — 遺産から資産へ 要旨はこちら
司会・講師: 前沢 浩子 (獨協大学教授)
講師: 藤本 由香里 (明治大学准教授)
吉原 ゆかり (筑波大学准教授)

セミナー 13:30~16:30

セミナー1(一般教育1号館305教室)

Ben Jonson 再読 要旨はこちら
コーディネイター: 篠崎 実 (千葉大学教授)
メンバー: 岩田 美喜 (東北大学准教授)
末廣 幹 (専修大学教授)
横田 保恵 (共立女子大学非常勤講師)

セミナー2(一般教育1号館302教室)

『ヘンリー六世』 三部作を読む 要旨はこちら
コーディネイター: 石橋 敬太郎 (岩手県立大学教授)
メンバー: 団野 恵美子 (姫路獨協大学教授)
土井 雅之 (学習院大学助教)
真部 多真記 (常磐大学准教授)

セミナー3(一般教育1号館405教室)

『ソネッツ』 解釈の展望 要旨はこちら
コーディネイター: 郷 健治 (帝京大学教授)
メンバー: 阿部 曜子 (津田塾大学准教授)
大矢 玲子 (慶應義塾大学教授)
廣田 篤彦 (京都大学准教授)
コメンテイター: 高田 康成 (東京大学教授)

第7回シェイクスピア・ワークショップ 13:30~16:30 要旨はこちら

一般教育1号館402教室

コメンテイター: 荒木 正純 (白百合女子大学教授)
境野 直樹 (岩手大学教授)
司会・メンバー: 諏訪 暁 (ヨーク大学大学院修士課程)
メンバー: 黒部 敬 (早稲田大学大学院修士課程)
滝口 沙音里 (成城大学大学院博士前期課程)
渡邉 晶子 (聖心女子大学大学院博士後期課程)

    シェイクスピア基金へのご寄付のお願い


    日本シェイクスピア協会では、事業の一層の充実のために、シェイクスピア基金へのご寄附を受け付けております。ご賛同いただける場合にはご協力を賜りますようお願い申しあげます。

    >>> 詳しくはこちら

    記念出版のお知らせ


    『甦るシェイクスピア』


    没後400周年を記念した本論集では、日本シェイクスピア協会に所属する俊英13名が、シェイクスピアの劇作品に真っ向から取り組んで、作品解釈のさらなる可能性を追求する。協会設立55周年記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!

    『シェイクスピアと演劇文化』


    日本シェイクスピア協会の錚々たる研究者12名が刺激的な論を展開。多彩なアプローチで鋭く切り込み、シェイクスピアとイギリス・ルネサンス演劇の多面性に迫る。死後400年近く経ちながら、いまだに色褪せない魅力をもつシェイクスピアと彼を取り巻く世界を鮮やかに分析。1961年に発足し、常に日本のシェイクスピア研究を牽引してきた協会の創立50周年記念にふさわしい、切れ味鋭い記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!