日本シェイクスピア協会奨励賞

<日本シェイクスピア協会奨励賞規程>
1. 賞の趣旨

日本シェイクスピア協会は、日本におけるシェイクスピア研究の発展のために、将来が期待される新進の会員による優秀な論文に対して「日本シェイクスピア協会奨励賞」を授与する。

2. 賞の選考

(1) 本賞は、別に定める「日本シェイクスピア協会奨励賞選考委員会」が、奨励賞にふさわしいと評価した論文に対して授与される。
(2) 選考対象は、選考の前年度に発行されたShakespeare StudiesまたはShakespeare Journalに掲載された論文とする。
(3) 同一人物がShakespeare StudiesとShakespeare Journalに投稿した場合、それぞれの論文を個別に選考の対象とする。

3. 授賞対象

授賞の対象は、以下の条件を満たす者の論文とする。
(1) 日本シェイクスピア協会会員であること。
(2) 投稿締め切りの段階で満37歳未満であるか、または、修士号取得後5年以内であること。
(3) 過去に日本シェイクスピア協会奨励賞を受賞していないこと。

4. 賞金の授与

本賞受賞論文には、賞金3万円を授与する。

附則

本規程は、2017年度より施行される。

以上

    日本シェイクスピア協会事業運営へのご寄附のお願い


    日本シェイクスピア協会では、シェイクスピア祭やシェイクスピア学会の開催、Shakespeare Studies、Shakespeare Journalの刊行など、事業の一層の充実のために、ご寄附を受け付けております。ご賛同いただける場合にはご協力を賜りますようお願い申しあげます。

    >>> 詳しくはこちら

    記念出版のお知らせ


    『甦るシェイクスピア』


    没後400周年を記念した本論集では、日本シェイクスピア協会に所属する俊英13名が、シェイクスピアの劇作品に真っ向から取り組んで、作品解釈のさらなる可能性を追求する。協会設立55周年記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!

    『シェイクスピアと演劇文化』


    日本シェイクスピア協会の錚々たる研究者12名が刺激的な論を展開。多彩なアプローチで鋭く切り込み、シェイクスピアとイギリス・ルネサンス演劇の多面性に迫る。死後400年近く経ちながら、いまだに色褪せない魅力をもつシェイクスピアと彼を取り巻く世界を鮮やかに分析。1961年に発足し、常に日本のシェイクスピア研究を牽引してきた協会の創立50周年記念にふさわしい、切れ味鋭い記念論集。

    >>> この本のご予約・ご注文はこちら!